構築の流れ

商談フェーズ

1.ヒアリング

業務内容や管理方法、ご要望などを詳細にヒアリングいたします。

ヒアリングは見積提案までに2〜3回程度行います。

リプレイスの場合

リプレイスが可能か判断

※スクラッチで作ったシステムから働くDBにリプレイスする場合、既存機能の操作レベルを維持できるかが重要

1回目


ご依頼内容、ご希望のシステム概要のヒアリング、資料提供依頼、今後の進め方をご説明します。

2回目


業務フローやシステムイメージ図のドラフト作成を行い、資料をもとに詳細ヒアリングを行います。

相互の理解を深めるため、サンプルシステムを作成する場合もございます。

3回目


2回目の打合せで出た内容を反映し、システム化のスコープ(範囲)を共有します。

お客様が現在使われている資料やデータを提供していただき「働くDBで実現可能か?」「どのように実現できそうか?」を考えます。

ご提供頂くものの内容によっては、機密保持契約(NDA)を結ばせていただきます。

機能追加の場合

システム調査が必要か判断

※全く別の機能を作るのか?途中までお客様が作られたものを引き継ぐのか?で判断(調査に工数がかかる場合は「要件定義」として別途費用をいただく場合があります)

2.構築プランと開発費用の御見積

ヒアリング内容をもとに必要なDBや処理機能を洗い出し一覧化して、

各機能に対しての開発工数を見積ります。

分析資料、システムイメージ、サンプルなどをご用意し、

最適なシステム構築プランをご提案します。

開発フェーズ

3.キックオフ

営業から開発チームへ内容の引継ぎを行います。

お客様と開発チームの顔合わせを行い、

開発の進め方やスケジュールを確認します。

4.設計

営業が作成した提案資料をもとに、開発チームが

より詳細なヒアリングから設計を行います。

5.構築&テスト

設計をもとにDB設定、自動処理設定、画面設定を行います。

スクラッチ開発と比べ開発スピードが早いことが特徴です。

6.お客様確認&修正

お客様のフィードバックをもとに修正を加えて、完成度を高めます。

とはいえ、運用して見えてくる部分もあるので、

まずは70%程度の完成度を目指します!

 

ここが、働くDBの特徴!

 

機能単位で(4)〜(6)を繰り返しての段階リリースが可能です。

7.テスト運用

お客様にてテスト運用していただき、設計構築時には見えていなかった

細かな箇所を見つけ、修正していきます。

完成度を高めるための、重要な期間です。

 

8.システム完成-本番運用

テストが完了しだい、本番リリースいたします。

これにて一旦完成です。

システムの規模にもよりますが、ここまで平均3〜4ヶ月です。


システムは完成してからが「本番」!

しっかりと現場で機能するように、運用開始後は別途、保守サポート契約にて

改善や運用のお手伝いさせていただきます。