「働くDB」と出会ったときの感想

とにかく便利だと思いました。

すべての業務が一元で管理できるのがすごいなと。

 

実際に会社(インスパイアリング)でもあらゆることが働くDBでシステム化されてますし、入社当初はFAXが自動でPDF化されて、働くDBに取り込まれるのを見て、そのシステマチックさに驚きましたね。

 

ノンプログラミングなのに画面がすぐにできあがって、上手に組んで行けば大規模な基幹システムも構築できてしまいます。

何でもかんでも可能なわけではないですが、大概のことは実現できてしまうので、優れたツールだなと思っています。


どんな相談が多いですか?

実は結構多いのが、困っていることが明確になっていないケースです。お客様としてやりたいことはあるのだけど、システムとして何をどうすれば良いのか分からないという状態ですね。その場合はまず現在の業務フローなどを詳しく聞かせていただいて、一緒に問題点をあぶりだしていきます。

 

あとは、構築は完全にお任せでやりたいことだけを伝えて来られるケースや、自分で作ってみたけど問題が発生したので解決してほしいケースなど、フェーズによって様々です。

インスパイアリングの強み、特徴

自分たちで言うのも何ですが、とにかく親身で丁寧。これはどのスタッフでもそうだと思います。

社長の性格というのもあると思いますが、とてもキッチリやります。

 

その根底にあるのは、お客様に喜んでもらいたい気持ちです。感動して欲しいです。それが我々の原動力というか、喜びなんですよね。そういう人間の集まり。ここが技術力以上にインスパイアリングの強みですね。

選ばれている理由

しっかりとしたヒアリングをもとに、きちんとお客様の業務に向き合って、システムを導入することによって何をどう改善するかをよく見極めているからだと思います。とりあえず作るということをしない。

 

ひとことで言うと「親切」ってことになるんですけど、単に良い人というのでなく、お客様と縁あってご相談を受けた以上、良くするにはどうやったらいいかをホントに真剣に考えるんです。

そうした姿勢を評価していただいて、その積み重ねで今があるのだと思います。

うちは働くDBの解約率がとても低いのも特徴で、「難しい案件はインスパに」という評価もいただいてます。

 

働くDBの構築をいち早く手がけて、10年以上やってきている実績もありますから、そういったところの信頼感も選んでいただいている理由のひとつかと思います。


仕事する上で心がけていること

先回りしてものを考えることと、常に期待の上を行くということですね。

お客様が想像している以上の提案だったり、対応だったり。そうするとお客様との間に信頼関係が生まれますよね。

そうして同じ方向を向けて、結果的に良いものができあがる。ということになるんじゃないかなと。

 

あとは月並みですが、何事も「真摯にやる」ということですね。

この仕事のやりがい

お客様の業務が良くなっていくのが目に見えるのが一番のやりがいですね。

良くなっていくというのは、お客様が元々やりたかったことを自分が携わることで実現できて、結果的に業務効率が上がって喜ばれる。やはり役に立てるのは嬉しいですし、ここが楽しいところですね。

嬉しかったお客様の言葉

いっぱいありますよ(笑)

「濱崎さんは業務をうちの社員の誰よりもわかってますよね」とか、

「インスパに頼まなかったら実現できなかったし、私が辞めていたかも、恩人です」とか。どれも印象に残ってますね。

業者と客というより、人と人との交流というか、そういうのが嬉しいしありがたいです。

インスパイアリングはどんな会社ですか?

あたたかい会社

手抜きしない会社

バカ正直な会社 です(笑)

 

皆、仕事が好きだし、楽しそうに働いてますね。

これからもっともっとできることを増やして、皆で成長していきたいですね。

ひとこと

システムって生き物だと思います。なので、お客様も外部に全部丸投げでは良いものは出来ないし、作る側も要件通りに作ってハイおしまい、ではシステムは動かないし満足できるものにはならないと思うんですよ。

 

一つのものをつくるパートナーと見てもらえると嬉しいです。

運命共同体といったら大げさですけど、二人三脚でものをつくる発注者とベンダーの枠を超えた存在として。

本当に意味あるものを作り上げるために、こちらも真剣にぶつかりますので、一緒に作り上げる気持ちでご相談いただけると、満足のいくシステムにできると思います。

結果的にお互いがハッピーな開発、それが良いシステムにする基本だと思うんです。